家づくりへの想い

  1. トップページ
  2. 家づくりへの想い
  3. 家づくりへの4つのこだわり

家づくりへの4つのこだわり

諸外国とくらべて省エネ化が大きく遅れていると言われている日本の住宅ですが、最近やっと高効率な設備や太陽光発電システムを採用することで、消費エネルギーを減らそうという動きも出てきております。しかし、最優先すべきは最新設備の採用ではなく、断熱・気密性能の確保や日射取得・遮蔽のコントロールなど、建物自体の性能「住宅性能」の向上です。
「住宅性能」の向上は省エネを実現するためだけに必要なわけではありません。暑さ・寒さを取り除いた快適で健康的な暮らしを実現するためには何より大切なことなのです。

『快適さ』は基本性能

私たちは「住まいにおける快適さ」は住宅の基本性能であり、家づくりの原点だと考えています。一年を通して家中が快適な温度で暮らすことが出来るからこそ、窓越しに見える庭木や街路樹、遠くの山々の景色を美しく感じられるのです。

「今時、新築をしたらどんな家も快適なんじゃないの?」と思われる人も多いかもしれませんが、決してそうではないのが省エネ後進国日本の現在の住宅事情です。

そこで、「住宅における快適さ」と深く関係しているのは、室温よりも体感温度です。体感温度とは、実際に人が感じる暖かさや寒さのことです。冬の場合でお話しすると、外壁に面した壁や窓から伝わる冷気、特に直接手や足が触れる床などの表面温度が低いと、室温が十分であっても体から体温を奪われ寒いと感じてしまいます。(図①参照)

暖房計画の重要性

表面温度が下がる一番の原因は、建物の断熱性能、特に窓の断熱性能の低さがあげられます。(図②参照)
断熱性能を高めることによって室内から外へ逃げる熱量を減らすことができ、結果壁と窓の表面温度が上がり、体感温度も上がります。そこで室温を少し下げても快適な状態を保つことが出来るので、暖房エネルギーの節約へとつながります。
ちなみに、私たちは暖房計画として温水パネルヒーターなど風を出さない輻射暖房による全室暖房をお奨めしています。それは、輻射暖房が室温を上げるというよりも表面温度を上げることに適した暖房方式で、前にも記述したように、体感温度による快適さは表面温度に大きく左右されるからです。暖房計画は、壁や窓の表面温度による快適さだけではなく、目や喉の粘膜の乾燥感や埃アレルギーなど健康面にも大きな影響を与えますので、しっかりと計画しなければいけません。

快適さを追求するために

では、夏の場合はというと、冬と同じく窓からの熱の影響が飛び抜けて大きく(図②参照)、窓の性能の検討と同時に特に南面には庇などを設けて日射を遮蔽することが大切になってきます。最近では、窓の外側に取付ける「外付けブラインド」というものが注目を浴びています。「住まいにおける快適さ」をしっかりと有するためには、住宅性能を高める必要があり、設計時に検討すべき要素は下記のように多岐に渡ります。

快適性に関わるとても大事な要素
  • 建築場所(土地形状、方角、風向き、近隣の状況)
  • 開口部(窓・ガラス、ドア)の性能
  • 暖冷房設備の計画
  • 建物の間取り、空間・外観デザイン
  • 日射取得・遮蔽の方法
  • 断熱材の種類・性能、気密性能
  • 日射取得・遮蔽の方法
  • 換気の種類・性能
  • 植栽の配置(目隠し・日陰のコントロール)  etc...

私たちは上記の要素によるシミュレーションを重ね、「快適さ」を追求しています。

『健康的』な暮らしのため

ヒートショックの危険性

今ではやっとTV番組などでも「ヒートショック」という言葉を耳にする機会が多くなりました。

「ヒートショック」とは温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動することが原因で起こる健康被害のことです。特に入浴時の発生が最も多く、寒い脱衣室で服を脱ぐと急に体表面の温度が下がり血圧が上昇し、心筋梗塞、脳卒中を起こすとされています。さらに一度上昇した血圧は、浴槽の温かい湯につかることで血管が拡張し反対に急激に低下します。この急激な血圧低下により失神し、溺れて死亡するケースが典型的な例だと言われています。 (図③参照)

2011年には年間約1万7000人もの人がヒートショックが原因で急死しており、その数は交通事故による死亡者数(4611人)の4倍近くになります。特に冬場の入浴中の急死は夏の11倍にもなります※。
(※出典 東京都健康長寿医療センター研究所)

こうした被害の背景には、断熱性能が不十分な住宅をつくり続けてきた、日本の住宅事情が大きくあります。その結果日本のヒートショック被害者数は、残念ながら先進国で断トツに一番多い数字です。

本来暮らす人にとって安心・安全であるべき家が、逆に危害を加える場所となっている家が多いのが今の日本の現状です。ドイツのフライブルクでは夏は40℃を超え、冬は-19℃にもなります。それでも冬はできるだけ暖房を使用せず、室温を17℃以下にしてはならないという法律があり、これに違反すると人権侵害として家主や建築会社が訴えられるとのことです。この法律を守るためには住宅性能を高め、暖房計画をしっかりと行う他ありません。このような話を聞くと、「東北地方が世界で一番寒い住宅に住んでいる」という話を納得せざるをえません。

健康被害を防ぐ為に

さらに、住宅の中に寒い部屋や冷めたい箇所があると、水蒸気を多く含んだ暖かい空気が壁やガラスなどの冷たい面に直接触れて温度が下がり、結露が発生します。悪いことに、結露は普段使わずに閉め切った部屋や押入れの中で発生することが多いので、結露が発生していることに気づかずに生活していることが多いのです。そして、この結露がカビやダニ発生の一因となり、カビの胞子やダニの死骸やフンが喘息やアレルギーを引き起こすと言われています。これらを防ぐためには、全室暖房により家の中の温度差を少なくし、同時に換気による湿度調整を行わなければなりません。
ヒートショックに喘息やアレルギー、このような健康被害を少なくするためにも部屋毎の温度差の小さい全室暖房住宅をお勧めします。さらに、家中温度差の小さい家では、お年寄りの活動範囲が広がり健康につながることが分かっています。

本当の『省エネ』とは?

「省エネ」という言葉を聞いたとき、どんなことを思い浮かべるでしょうか?「節電・節水」、「太陽光発電・エコキュート」…こんな感じでしょうか。ここに1つ間違いがあります。太陽光発電はエネルギーを創り出すことから「創エネ」という区別になります。しかし、ここでお話したいのは言葉の間違いのことではなく、「太陽光発電の導入=省エネ」と思ってしまうことです。これは、「売電によって電気代を削減できる、お金が入ってくる=省エネ」と勘違いしている証拠です。太陽が発電をしてくれている一方で、生活ではエネルギーを浪費。イメージとしては下記の図のような感じです。

実はこの勘違いが大きな問題です。なぜなら、本当の省エネは建物自体の性能「住宅性能」がしっかり検討され、エネルギーを浪費しない住宅性能が備えられていてこそ初めて「省エネ」につながるからです。しっかりとした住宅性能を有する住まいでは、無理せず普通に暮らしていてもエネルギーをムダに浪費しません。

快適で健康的な暮らしを求めて
高めた「住宅性能」は、さらに
省エネにおいても最も有効なのです。

また、省エネはCO2削減と共に環境問題と密接に関係しているため、世界的な課題となっているのは知られているところです。日本では、2013年に省エネルギー基準が改正され、新たに「住まい全体の省エネ性能を評価する指標」が追加されました。また2014年には「エネルギー基本計画」が閣議決定されました。簡単にお話すると、住宅については「2020年までに新築住宅の過半数においてZEH(ゼッチ)の実現を目指す」との政策目標が設定されました。ZEHとは「断熱性能の向上と高効率な設備の導入に太陽光発電などを組み合わせてエネルギー消費量をゼロにする家」と定義されています。しかし、この政策によって「ただ省エネな家」は手にすることができると思いますが、「快適で健康的な暮らし」を手に入れるためには、もう一歩踏み込んでしっかりと考えなければなりません。

違った観点から見る『省エネ』のお話

実は、構造や内・外装の建材選びでも省エネに貢献することができます。構造では工場製品ではない木造住宅を選択したり、生産過程で極めてCO2排出量の少ない木材や自然素材を採用することです。木材や自然素材の採用は快適性や健康面の向上が期待できますので大変お奨めです。そして、何より木材や自然素材に触れることはとても楽しいことです。なぜでしょうか…幼少時を思い出すのか、皆さん子供にかえったような笑顔で見学や素材選びをされていらっしゃいます。塗り壁なんかはお施主様が自分で塗ったり、お子様が手形をつけたりできて楽しさ満載です。
木材や自然素材のように手に触れてやさしいもの、心が休まるものはどんどん愛着が増していきます。そんな家だったら大切にしたい家、永く受け継がれる家となっていくのではないでしょうか。
家は永く受け継がれる家であってこそ本当の省エネと言えます。欧米の住宅の寿命が50~100年であるのに対し、日本は30年足らずです。欧米では、リフォームを重ねたり、オーナーが代わったりしながらも受け継がれ、住宅は寿命を延ばしていきます。最新機器を導入し間違った省エネをつくり上げても、30年足らずで壊されてしまったら、本当の省エネとは言えません。

高い『住宅性能』を実現するために

『心地のいい家』の前提となる「安全で快適に暮らせる真の省エネ住宅」を目指して、下記のようなスペックを推奨しています。

クオリティホームの『住宅性能』水準

耐震性能
  • 耐震等級3「建築基準法」の規定の壁量の1.5倍
温熱環境性能
  • 断熱性能(外皮平均熱還流率 [UA値])0.32W/(㎡・K)以下
  • 熱損失係数 [Q値]1.0W/(㎡・K) 以下
  • 気密性能(隙間相当面積[C値])0.5㎠/㎡以下
  • 換気 第1種換気/熱交換換気システム
  • 暖房 セントラルヒーティングによる全室暖房
    例)ヒートポンプ式温水パネルヒーター
断熱仕様
  • 屋根 高性能グラスウール16kg 300mm
  • 天井 吹込みロックウール25 kg 300mm~
  • 充填断熱/高性能グラスウール16kg 105mm
    + 付加断熱/高性能グラスウール16kg 105mm~
  • 基礎 外周部外側:防蟻EPS断熱材特号100mm
    土間下部全面:防蟻EPS断熱材特号50mm
  • 樹脂サッシ
    (LOW-Eトリプルガラス・アルゴンガス入り)
    木製サッシ
    (LOW-Eトリプルガラス・アルゴンガス入り)
  • 玄関ドア 木製断熱ドア

高断熱・高気密住宅というと、みな同じように思われるかもしれませんが、住宅会社によって仕様や施工方法がそれぞれ異なります。住宅性能をしっかりしたものにするには、上記のような仕様の組み合わせ・施工方法がとても重要となります。それは、料理で考えていただくと分かりやすいかもしれません。いくら高級な食材を買い揃えたとしても、レシピを見たとしても、必ずおいしい料理が出来上がるとは限りません。食材と食材の組み合わせ、調理方法…その食材を活かす方法を知っていてこそ、おいしい料理が出来上がります。住宅性能もこれと全く同じです。それぞれの仕様がいくら高性能であっても、組み合わせ方法・施工方法・取付位置…これらにしっかりとした知識や技術が伴っていなければ、逆に「心地悪い家」が出来上がってしまいます。それだけではなく、家の寿命を短くしてしまう恐れさえもあるのです。

お客様にベストな省エネ住宅を設計する為に

そこで私たちは、新木造住宅技術研究協議会に所属しながら技術の研鑽をすると共に、省エネルギーに関する計算プログラム(Qpex)を用いて、断熱材の厚さ、窓の種類・大きさ、ガラスの性能、換気の種類、日射遮蔽方法などを細かにシミュレーションしながら設計していきます。これによりお客様には住宅の光熱費や消費エネルギーが一目で分かる「性能計算結果」を提示することができます。このように、光熱費や消費エネルギーとその住宅性能にかかるコストのバランスを比較することによって、予算の中で出来るだけ性能の高い省エネ住宅(Q1.0住宅)を設計していくことが出来ます。

※Q1.0住宅について詳しくは新住協のサイトをご覧ください。

ページトップへ

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せもお気軽にどうぞ。

0120-26-5227

受付時間9:00 〜 18:00

クオリティホーム

株式会社中央コーポレーション

  • 〒025-0003 岩手県花巻市東宮野目11-5
  • TEL : 0198-26-5226
  • FAX : 0198-26-5228

所属団体