1. トップページ
  2. 現場レポート一覧
  3. 杉板張りの家

現場レポート

杉板張りの家

2017.03.23

2017.09.15 完成見学会!!

完成見学会!!

完成見学会!!

明日からの三日間、「杉板張りの家」完成見学会です!!

詳細はホームページお知らせ欄にて掲載しております。

「200mm断熱の家」のぼり旗を目印にご来場ください。

2017.09.06 クリー二ング完了!

クリー二ング完了!

クリー二ング完了!

杉板張りの家です。

仕上げ作業も終わり、クリーニングも完了です。

杉仕様は外壁だけではなく、床や手摺等随所に「杉」が使われています。

外も中も色合いが馴染み、落ち着いてきました。

お引渡しまであと少しですが細かい所まで今一度確認をし、検査を待ちます。

2017.08.21 クロス張り

クロス張り

クロス張り

クロス張り進行中。

いつも通りキレイな仕事です。

張り終えれば器具付け等、最後の仕上です。

2017.08.12 ロフト

ロフト

ロフト

勾配天井、ロフト、造作棚、外壁。

見どころは沢山あります。

完成までもう少しです。

2017.07.25 杉板張り

杉板張り

杉板張り

更新が遅れていました。

杉板張りの家、杉板外装施工中です。

材料選定から、塗装、張りわけ等々窯業系や金属系のサイディングとは全く違う難しさがありますので、職人さんとの密な打合せは欠かせません。

同じ一本の木材でも、カットされる部位によって塗料の染み込み具合、色の出方も変わります。

前面貼り終えて色合いが馴染んでくるのが楽しみです。

2017.07.02 配線層・ボード張り

配線層・ボード張り

配線層・ボード張り

充填断熱が終わると、気密シートを施工し室内側に配線層を施します。
電気配線などの際に気密シートを傷つけないためです。

高気密住宅では非常に重要な作業工程となります。

配線層・ボード張り

配線層を木下地としてボードを張っていきます。

屋根も同様です。

屋根は300mm、壁は200mmグラスウールを充填しています。

2017.06.23 充填断熱。

充填断熱。

充填断熱。

外に付加する、付加断熱が終われば今度は内部、柱間への充填断熱です。

断熱材も無駄にすることなく丁寧な充填です。

2017.06.06 『付加断熱』

『付加断熱』

『付加断熱』

先日、上棟式を執り行いました。

お施主様有難うございます。
また、上棟おめでとうございます。

普段、大工さんとお施主様が顔を合わせる機会というのは少ないものですから、毎度の事ながら非常に貴重な時間だなと、感じていました。

いつも丁寧な施工をして頂いている大工さんもいつもありがとうございます。

作業の方ですが、現場は付加断熱工事に入っています。

今回は縦下地の付加断熱。キレイな施工です。

『付加断熱』

『床下の様子』

換気システムは床下にダクトを這わせます。

他にも、いつもの暖房配管、設備の給排水配管が通るので基礎内は大混雑です!

2017.05.24 棟上げ完了!

棟上げ完了!

棟上げ完了!

5月では暑いくらい、天候にも恵まれ20日に無事建方を終えています。

棟上げ完了!

上棟日は二階垂木掛けの途中まで。

形が見えてきました。

この作業時期はどうしても、建物が丸裸の状態なので雨の心配は絶えません。

養生をしっかり行いつつ、天候に注意して進めたいものです。

棟上げ完了!

今回は2×10の垂木を使用します。

写真、垂木上端の欠き込みが見えます。

これは、軒先~棟への通気の役割をなします。

このように、屋根も空気の通り道を作ります。もしそれがなければ湿気の逃げ場はなくなり木材などが朽ちる原因にもなります。





2017.05.08

基礎工事は終盤です。

スラブ打設 → 養生期間 → 型枠 → 立上り打設 → 養生期間 → 脱枠

という流れで進んできました。


今日は左官屋さんが外周の断熱材の表面をモルタルで均しています。

来週には大工工事が始まります。

2017.04.29

スラブのコンクリート打設です。

一つ作業をご紹介します。

今、写真の職人さんが行っているのが「タンピング」と呼ばれる作業です。

手に持っているタンパ-と言われる道具を使い、繰り返しコンクリートの表面を叩いて締固めます。

写真右側の方が、タンピングをしてコテで均した面

左側がこれからタンピングをする面です。
違いがわかりますでしょうか?

この作業をすることによって、不要な空気や水を外に出し、コンクリートを密実にします。
ひび割れや中の骨材の浮き上がり防止など、色々な効果があります。

現場には沢山職人さんが入りますが、花形の大工さんに限らず皆さん丁寧な仕事をして頂いています。

2017.04.27

型枠を組み、外回りにはぐるっと断熱材をはめ込みます。

これでコンクリートを打つと基礎全体が断熱材で覆われることになります。

断熱材の厚さは100mm
基礎コンクリート幅が150mm

合わせて250mmになります。(断熱材をラスモルタルで均せばさらに+10mm程)

厚いです。

基礎が厚くなれば、当然上物の木造躯体にも影響してきます。

それは、のちのちお話します。

2017.04.24 『配筋~打設』

『配筋~打設』

『配筋~打設』

基礎工程の続きです。

断熱材の上に鉄筋が組まれていきます。

2017.04.22

基礎の時点で断熱工事は始まっています!

土間下全面に防蟻用の断熱材を敷きこんでいきます。

土間シートを敷き、基礎にもしっかり防湿層をつくり終了です。

2017.04.20

盛土をして、砕石を敷き十分な締固めをして「基礎の床」をつくります。

2017.04.18 『基礎工事進行中』

『基礎工事進行中』

『基礎工事進行中』

現場では掘削工事が進んでいます。

いつも通りの土間下全面断熱です。

地盤の強さも関係するでしょうが、建物全体のバランスも大事です。基礎は文字通り家を支える土台です。十分に管理して強固な基礎をつくります。

2017.03.27 『工事の安全祈願』

『工事の安全祈願』

『工事の安全祈願』

地鎮祭を行いました。

天気にも恵まれ、無事終えることができました。

お施主様ありがとうございます。

気持ち引き締め、工事進めていきます。

2017.03.23 『地縄張り。』

『地縄張り。』

『地縄張り。』

花巻市杉板張りの家、工事始まります。

来週には地鎮祭です。

先だって、地縄張りを行いました。

ページトップへ

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せもお気軽にどうぞ。

0120-26-5227

受付時間9:00 〜 18:00

クオリティホーム

株式会社中央コーポレーション

  • 〒025-0003 岩手県花巻市東宮野目11-5
  • TEL : 0198-26-5226
  • FAX : 0198-26-5228

所属団体